シャトー ミカレ(赤)

「ワインの女王」とも言われるシャトー マルゴーの醸造家ジャック ボワッスノ氏のメドックワイン。鮮明なルビー色と熟れた果実のアロマ。上品で溶けるようなタンニンと素晴らしいミネラル感を持ち合わせていて、舌の上にいつまでも続く余韻が心地よい。

シャトー ミカレ(赤)

価格:

5,400円 (税込)

購入数:

生産者からのメッセージ

フェディュー家

ワインの歴史は古く、エドワード フェレ氏による”ボルドーとそのワインたち”の第6版(1893年)の中でCru Micaletとして初登場していて、そこでは、”Cru Artisan(アーティスト級ワイン)”として分類されています。
当時のオーナー、実際にはパン屋のジョン ペロード氏は、一族の土地での農場経営者でもあり、主にLamarqueという小さな町のぶどう園を手がけていたのだそうです。
Cru Micaletの品質は、当時すでに認められていました。
1900年には、1887〜1899年ヴィンテージのワインへ、パリ名誉賞が与えられています。
現在は、Ch Micalletとしてフェディュー家に管理されています。
彼らはメドックの伝統と生態系を敬い、土壌のメンテナンスに化学除草剤を使用せずにオーガニック農法を実践しています。
”人の心を満足させるいいワイン”を供給しようとフェディューご夫妻、息子のダミアン(1996年以来)とドミニック(2007年以来)らが結束して取り組んでいるファミリーエステートです。
また、醸造のブレンドなどを担当している責任者は、グランヴァン、主にCh マルゴーの醸造コンサルタントを長年手がけてきたジャックボワッスノ氏で、息子のエリックと30年以上にも及びChミカレの醸造に携わってきました。

醸造と製法

  • 土着酵母による伝統的醸造
  • 手摘み収穫
  • 瓶詰め前のプレート上での濾過
  • 卵白での清澄
  • バリックでの12ヶ月間の熟成

詳細 - シャトー ミカレ(Chateau Micalet)

  • 生産者
    フェディュー家(Famille Fedieu)
  • 原産国
    フランス / ボルドー
  • ヴィンテージ
    2013
  • 容量
    750ml
  • アルコール度数
    13%
  • 認定機関
    ECOCERT
  • クラス
    AOC オー メドック
  • 年間生産量
    10,000本
  • 栽培面積
    2ha
  • 土壌
    深い砂利
  • 気候
    海洋性気候
  • 使用品種
    カベルネソ−ヴィニヨン75%、メルロ25%
  • 平均樹齢
    25〜30年
  • 評価・受賞
    Vienne2007インターナショナルコンクール 83.7点/100 獲得

ページトップへ