輸入の原点

始まりは突然に

"食"に興味を持ち始めた学生時代から始まり、渡仏、そしてソムリエールとしての現場やホテル内でのワイン販売も経験してきたある日の事、突然、自分の中のもう一人の私が言い出したのです。

「こういう1本数万円以上もする高級ワインじゃなくて誰もが家で気軽に楽しめる1,000円、2,000円のワインを取扱っていくべきよ!」ワインビジネスに携わり10年目を迎えようとしていたある日の事でした。

今思えば、これが私の転機の始まりでした。

試飲の厚い壁

さて、1,000円、2,000円のワイン輸入販売に転向するも、最初から厚い壁が待ち受けていました。

人間の舌とは恐ろしいもので、昨日まで数万円もするようなワインを試飲していた者が翌日から1,000円クラスのワインを試飲して納得(?!)出来るワインを見つけよう等とそう簡単には出来ないものなのです。

そう、例えば、特上ずしを毎日食べている人が、急に翌日から1皿100円のすしを食べて満足できるのか?!と問いかけるのと似ているかもしれません。

でもこれも元はと言えば、自分の中のもう一人の私が言い出した事。

それからと言うもの、まず、向こう1年間のグランヴァン試飲禁止令を心に誓い、1,000円クラスワインの試飲トレーニングに励む毎日が続きました。

オーガニックワインとの出逢い

数カ月が経ったある日の事、海外から1本のサンプルを手にしました。

これがオーガニックワインとの初めての出会いだったのですが、何も考えず、いつものように抜栓し、グラスに注いで、まずは香りから…あれ!?『何かヤボったい香りが…』味わいは…ん?『インパクトないよねぇ』が、実は第一印象でした。

当時、私はいつも朝の10:00過ぎと17:00頃に試飲をしていました。

ちょうどこの日も17:00頃に再び試飲したところ、朝の第一印象と180度違う香りと味わいにびっくりしてしまったのです。

香りが華やぎ、生き生きと広がっていくではありませんか。

オーガニックワインの素晴らしさ

抜栓から7時間も経ってるというのに、まだまだ変化の途中段階のような力強さまで感じられました。

味わいも果実の甘みが出ていて、舌の上でふわ〜っと広がっていくのが分かりました。

それまで試飲していた同クラスのワインというのは、大抵、朝空けて、夕方再び試飲しようものなら、もう香りが抜けていて酸っぱくなっているので、料理用に使用するようなワインに変化しているのが常だったのです。

しかし、その時、試飲したワインの変化はある種、グランヴァンを抜栓した後のワインの状態の変化にも似た動きのようなものを感じたのです。(もちろん、味は、数万円もするようなワインに似てはいませんでしたが。)

オーガニックワインの素晴らしさ、そして、その昔、ワインの勉強を始めた頃、大先輩に、「ワインとは時間と共に香りも味も変化していくもの。

その変化を常に感じとっていかなければならないよ」と教わった事をふと思い出しました。

このワインのラベルに"VIN ISSU DE RAISINS DE L'AGRIC ULTURE BIOLOGIQUE(オーガニック農法のブドウから出来たワイン)"と書かれた説明を見て「どういう事??ワインって自然の恵みじゃなかったの??今までのワインって農薬ワインだったの??」という疑問から始まって、「そういえば、一昔前のワインのスタイルと最近のワインのスタイルってどことなく違ってきてるわよねぇ…」と頭の中にクエスチョンマークが湧き出てくるのです。

実はこの疑問が、今日に続くオーガニックワインとの長いおつき合いの始まりだったのです。

オーガニックワインを学ぶ日々

分からない問題にぶつかると本屋と図書館に走る私は、いつものように、直行。

ところが、無農薬・有機栽培のお野菜やお米の書籍はあっても、ワインの本がどこにも見当たりません。

そこで、フランスとアメリカからオーガニックワインの本を入手して訳す事1年。

しかし、農学的な分野や医学的な分野等、専門的な部分になると直訳しても意味が全く分かりません。

そして、各分野のエキスパートの方々を訪ねて勉強する傍ら、オーガニック食品協会等が行うセミナーへの積極的な参加やオーガニック関連の情報収集等費やす事1年。

ようやく、オーガニックワインとは何たるかを少しは理解できたものの、オーガニックワインだけを輸入して販売に力を入れる事に対して、実際のところ採算がとれるのか?!という周りの適確で鋭いアドバイスの中、私は、結局自らが輸入して、自らが販売していく道を選びました。

トゥージィ設立

辻井 繁代

我が道を行くとしか見えなかったかもしれませんが、決して間違った道を選んでいないと確信していました。

本当のワイン、本当に美味しくて、体にも良くておまけに環境にやさしいワインをみなさんに紹介するのがプロとして当たり前の事ではないでしょうか。

1998年、オーガニックワインスペシャリストインポーター、トゥージィ有限会社を設立。

オーガニックワインは、殺菌剤、殺虫剤、化学肥料を一切使われずに栽培されています。

また、香料や着色料なども使用されていません。

一般にオーガニックワインはコンベンショナルワイン(非オーガニックワイン)に比べて自然に近い、ナチュラルな味わいです。

「ワインが好き!」、「ワインのある生活を提案していきたい!」とこの道を突き進んで参りましたが、オーガニックワインの素晴らしさ、美味しさをトゥージィとしてもっともっと伝えていきたいと思っております。

創設者 辻井 繁代

フィロソフィー

私たちのフィロソフィー

私たちのポリシー

食の安全性にこだわり、オーガニックな暮らしを少しでもしていけば、真の意味で“心のゆとり”ライフに気づいてくるはず。
例えば農薬や添加物を使わないオーガニックな食材は実際に美味しいと感じるんです。
だって、地球の健康と人の体の健康は一つにつながっているんですもの。
トゥージィでは、「環境と人に優しい」をポリシーとしています。
そして、私たちの目が行き届く中で、ワインの輸入と管理ができることにこだわり、ワインを通じて環境と共存することを大切にし、良質で安心して味わっていただけるワインをご提供していきたいと考えています。

オーガニックワイン

オーガニック認証ルールに従って造られた高品質なワインのことです。
ぶどうづくりは有機肥料だけで土づくりを行い、殺虫剤、殺菌剤、化学肥料を一切使用せず、その土地の自然の力を最大限に引き出したクオリティの高いぶどうだけを使います。
醸造では、香料や着色料、漂白剤、合成酵素などの添加は禁止されています。
唯一制限された量の自然の純粋硫黄の使用だけが認められています。
大地の持つ力、その土地の持ち味(テロワール)が十分に引き出されたナチュラルな味わいがオーガニックワインなのです。

オーガニック認証制度

ヨーロッパでは、1960年代からオーガニック農業の普及運動が始りましたが、公的な法律としてはまだ新しく、1991年、欧州委員会から「オーガニック製品に関する指令」が出されたことにより、加盟国がそれぞれ、欧州委員会の統一指令にそって法律を制定し、国家管理による他国間で通用できるオーガニック認証制度ができあがりました。
ですから現在EU加盟のどこの国の認証であっても各国でそのまま通用できます。
国の直接の機関あるいは、国から委託された民間企業により厳しい調査や検査が行われ、認証という公的な証明書が発行されます。

日本での表示

輸入酒類において、JAS法に規定する格付制度と同等の制度を有する国から輸入される酒類のうち、その国の制度の下で認証を受けた酒類であることについて、その国の政府が発行した証明書が添付されているものについては、オーガニックなどの表示を行うことができます。
トゥージィの取り扱っているワインについて、各国の政府が発行したオーガニック農産物の証明書があるものに対してのみ、バックラベルあるいは、カタログなどに「オーガニック認証ワイン」と表示しています。

品質管理

契約低温倉庫で保管しておりますので、デイリーワインから高級ワインまで安心してご購入頂けます。
また夏季配送に関しましても、クール便配送(別料金)をご利用頂けます。
また、時代のニーズに合わせたファッション性のある商品開発を心がけております。

包装資材

私たちの生活環境の悪化とゴミ処分が大きな社会問題になっています。
トゥージィで取扱っているワインの包装材質は全てリサイクル可能なもの、あるいは、焼却可能なもの(紙・アルミ・PET・コルク・ガラス等)に限定しております。
燃焼した際にダイオキシンが発生する原因になると言われているPVC(ポリ塩化ビニール)製のキャプシュールの使用は禁止しております。

スクリューキャップ

ワインボトルの栓として、永く伝統的に使用されてきたコルクの代わりに、最近スクリューキャップを採用するワイナリーが世界的に増えてきております。
世界に流通しているワインの内、5〜7%の割合でコルクダメージが発生していると言われ、またコルク栓の需要が急増し、無理なコルク採取による環境問題へもつながっています。
スクリューキャップは、このようなコルク栓に由来する様々な問題を解決する為に登場しました。
利点としては、ワインの香り、風味を損なわない。リサイクルが可能であるなどが挙げられます。

ご挨拶

ワインとお料理とのマリアージュ

辻井 美知代

私がワインの仕事に携わるきっかけ、
それは姉の家へ遊びに行った時に作ってくれた、シンプルなパスタと赤ワインとの出会いから始まります。
それまではフルーティーな甘口の白ワインは好きでしたが、赤ワインはただ「渋くて、辛い」としか思えませんでした。
今までただ渋いとしか思えなかった赤ワインが、その時に食べたパスタと赤ワインの相性がとてもよく、初めて美味しいと感じたのです。
そしてワインに合わせる食事によってこんなに違うんだと、ワインとお料理との関わり方に非常に興味をもった瞬間でした。

以前に比べワインは食卓にかなり浸透してきておりますが、ワインはまだまだ特別感があって、外食の時にしか飲まない方や、ワインに合わせるなら特別な料理でないといけないと思われている方もいらっしゃると思います。

焼き魚、お刺身、お鍋、肉じゃが、きんぴらごぼう、カレーライス、トンカツ、ポテトサラダなどなど、
普段家でよく食べている、ワインとお料理とのマリアージュ。
ちょっとしたことで感じる幸せ、贅沢感。
そんな提案をもっともっと届けていきたいという気持ちで日々突き進んでおります。

ご利用ガイド

お支払いについて

お支払方法
代金引換

業者:日本郵便ゆうパック
お支払総額:商品代金 + 送料 + 代引手数料
誠に恐れ入りますが、代金引換手数料(324円)はお客様負担とさせて頂きます。
代金は商品配送時に配送員にお支払い下さい。

銀行振込

お振込先:三菱東京UFJ銀行 大阪西支店 普通 0604499 トゥージィ有限会社(トゥージィユウゲンカイシャ)
お振込額:商品代金 + 送料
振込手数料は、お客様にてご負担をお願い致します。
7日以内にご入金のない場合、ご注文はキャンセルとさせていただきます。

お支払金額

商品代金 + 送料

消費税

全ての商品について税込み価格となっております。

クレジットカードでのお支払いについて

当オンラインショップでは現在対応しておりません。
大変恐れ入りますが、Two-G Wine Collection 楽天市場をご利用いただきますようお願い申し上げます。
Two-G Wine Collection 楽天市場ページ ≫

配送について

配送方法

配送は、「ゆうパック」もしくは、「佐川急便」を使用します。
代金引換決済の場合は、ゆうパックでの配送となります。
ご注文確認後、ご希望の日時に添えますよう順次配送させて頂きます。
お届け日は、お届け予定メールにてご確認下さい。
お届け日のご指定は、ご注文日の1週間後から承っております。
代金引換は1週間以内でのお届け、その他は入金確認後のお届けとなります。
ご注文金額が20,000円以上の場合、送料は無料とさせて頂きます。(但し、お届け先は一ヶ所に限る)
クール便のお届けは通常便プラス324円となります。

送料
通常便(1ケース(12本まで)基本の送料)

A:中部・北陸・関西・中国地区 770円(税込)
B:関東・信越・四国・九州地区 870円(税込)
C:東北 980円(税込)
D:北海道 1,700円(税込)
E:沖縄 1,800円(税込)
※ 海外への配送 不可
※ 離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。

クール便(1ケース(12本まで)基本の送料)

A:中部・北陸・関西・中国地区 1,094円(税込)
B:関東・信越・四国・九州地区 1,194円(税込)
C:東北 1,304円(税込)
D:北海道 2,024円(税込)
E:沖縄 2,124円(税込)
※ 海外への配送 不可
※ 離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。

時間帯お届け
  • 午前中 午前中
    (〜12時)
  • 12:00〜14:00 12:00〜14:00
  • 14:00〜16:00 14:00〜16:00
  • 16:00〜18:00 16:00〜18:00
  • 18:00〜20:00 18:00〜20:00
  • 20:00〜21:00 20:00〜21:00

天候や天災による交通事情により配送ご指定日にお届けできない場合がございます。ご了承ください。

破損時の対応

ワインはガラスという破損する可能性のある容器を使用していますので発送から到着の間に破損してしまった場合、同じ物で対応できる場合は致しますが不可能な場合はキャンセルという形をとらさせていただきます。
ご理解よろしくお願いいたします。

クール便のおすすめ

夏季期間(6〜10月頃)などの暑い時期には、商品の口漏れ防止、品質管理のためクール便での配送をおすすめ致します。クール便のご指定をされずに、輸送中や受け渡し後に起こった商品の口漏れ、劣化等による返品・交換等は、お受け致しかねますので予めご了承お願いいたします。また、クール便到での到着後も、室温との温度差により(高温の保管でなくとも)液漏れする恐れがございます。恐れ入りますが、商品到着後は速やかに、冷暗所にて保管下さい。万が一、そのような状況で液漏れなどがあった場合も、返品・交換等はお受け致しかねますのでご了承下さいませ。

返品について

お客様のご都合による返品

商品の性質上、お客様のご都合による返品は原則としてお受けいたしかねます。

配送時の事故

配送時の事故によるボトル破損の際のお取り替えはさせていただいております。

クール便を指定しない場合の液漏れ等

クール便を指定されずに液漏れ等がおこった場合、返品・交換は承れませんのであらかじめご了承ください。

その他
  • 商品がお手元に届きましたら、ご注文内容と違ったものが送られていないかをすぐにご確認下さい。
  • 商品発送には細心の注意を払っておりますが、万一の事がございますので、その際にはお気軽にご連絡下さい。(商品相違、不良品など)
  • 商品到着後1週間以上の期間が過ぎますと、返金返品につきましては、ご相談致しかねますのでご了承下さい。

当店からの受注・出荷・ご返信メールについて

受注確認メールや出荷完了メールが届かないとのお問い合わせを頂きます。
ご注文から24時間が過ぎてもメールが届かない場合は、お手数でございますが当店までお問い合わせください。
また、お問い合せページにてご連絡いただく時には、必ず電話番号をお入れくださいますようお願い申し上げます。

電話番号:078-907-6670(平日10:00〜17:00)
ファックス番号:078-907-6671
お問い合せページ ≫

ページトップへ